■ 開催概要


時代劇の変化に気づいていますか?

内容がマンネリ化し年配向けだったイメージを超え、スペクタクルに、
ロマンティックに魅せられる歴史エンターテイメントとして変わってきています。
現代ドラマのリアリティが日々の情報の多さに磨耗しているなかで、
アニメや歴史エンターテイメントが持つ没入度の高い世界観が果たす役割は大きくなっています。

歴史劇が変わってきているのは日本だけではありません。
デジタルとネットワークのテクノロジー、経済のグローバル化、先進国の少子高齢化、新興国の中間層の拡大、
スマホ・タブレットなど映像スクリーンの偏在、民族意識の高揚といった世界を同時に覆う問題は、
抹香臭くメロドラマ一辺倒だった歴史劇をモダンなエンターテイメントに変えています。

京都ヒストリカ国際映画祭は、世界でただひとつの“歴史”にこだわった映画祭です。
世界中で、各地の人々が、今この時代に楽しんでいる歴史エンターテイメントをお届けします。



名称:京都ヒストリカ国際映画祭/ Kyoto HISTORICA International Film Festival (KHIFF)

期間: 2013年11月30日~12月8日

会場:京都文化博物館、T・ジョイ京都、MOVIX京都

主催:京都ヒストリカ国際映画祭実行委員会
(東映株式会社京都撮影所、株式会社松竹撮影所、京都府、立命館大学、京都文化博物館、株式会社東映京都スタジオ)

共催:KYOTO CMEX実行委員会