RECENT REPORT

PAST REPORT

2014.12.14
「ベル-ある伯爵令嬢の恋-」トークショー

12月14日、京都みなみ会館で『ベル-ある伯爵令嬢の恋-』上映後、翻訳者・堀越ゆきさんによるトークショーが行われました。 堀越さん:この映画は、実在した女性、ダイド・エリザベス・ベルの物語として制作されていますが、調べてみると、映画としての設定と事実 は多少異なる部分がありました。 … 詳細はこちら

2014.12.13
「酔拳2」ミニトーク

12月13日、京都文化博物館で「酔拳2」上映後、「るろうに剣心」アクション監督の谷垣健治さんによるミニトークが行われました。 聞き手は、東映の高橋剣さんです。 谷垣さん:この前に上映した「座頭市 血煙街道」と、「SPL/狼よ静かに死ね」は、限定された空間でのシンプルを極めたアクション … 詳細はこちら

2014.12.13
「座頭市 血煙り街道」ミニトーク

12月13日、京都文化博物館で「座頭市 血煙り街道」上映後、「るろうに剣心」シリーズのアクション監督の谷垣健治さんによるミニトークが行われました。 聞き手は、東映の高橋剣さんです。 谷垣さん:87分っていい尺ですよね。質感もいい。時代を経ても輝きを失わない。むしろ今見 るから、更に良 … 詳細はこちら

2014.12.13
「キートンのセブンチャンス」ミニトーク

12月13日、京都文化博物館において、「キートンのセブンチャンス」上映後、 「るろうに剣心」アクション監督の谷垣健治さんによるミニトークが行われました。 聞き手は、東映の高橋剣さんです。 谷垣さん:「キートンのセブンチャンス」は、1日の中で、恋と財産に振り回される人々 を描いてます … 詳細はこちら

2014.12.13
「忍者武芸帖 百地三太夫」ミニトーク

12月13日、京都文化博物館で「忍者武芸帖 百地三太夫」上映後、「るろうに剣心」のアクション監督の谷垣健治さんによるミニトークが行われました。 聞き手は、東映の高橋剣さんです。 谷垣さん:「忍者武芸帖 百地三太夫」は、34年前の映画ですね。 「カムイ外伝」を撮影した時、松山ケンイチさん … 詳細はこちら

2014.12.12
伊藤大輔初期チャンバラ集・解説

12月12日、京都文化博物館において、「伊藤大輔初期チャンバラ集」の上映後、 佐伯知紀さん(文化庁主任芸術文化調査官)、牧由尚さん(日本映画史研究家)による解説が行われました。 今回、上映した作品集は、ストーリーも無い、チャンバラシーンのみの寄せ集めです。 昔は6本くらいしかフィル … 詳細はこちら

2014.12.06
『黄金』作品解説

12月6日、京都文化博物館で「黄金」の上映後、東京国際大学准教授・渋谷哲也さんによる解説が行われました。 トーマス・アルスラン監督は、日本では無名ですが、ドイツではマニアに人気です。 「黄金」は、日本では、東京で配給会社向けに1回上映したことがあるだけで、一般向けに上映するのは今回が初め … 詳細はこちら

2014.12.06
オープニングセレモニー&トークショー

12月6日、京都文化博物館において、映画「暮れ逢い」の上映後、パトリス・ルコント監督と、映画評論家の滝本誠さんのトークショーが行われました。 ルコント監督:一番最初の作品「髪結いの亭主」では来日できませんでしたが、2作目以降は毎回来日しています。日本に来るのはいつも楽しみです。 … 詳細はこちら

2013.12.07
ヒストリカ・トーク「『ピー・マーク』ティーチイン」@京都文化博物館

12月7日「ピー・マーク」上映後、バンジョン・ピサンタナクーン監督による「ピー・マーク ティーチイン」が京都文化博物館で行われました。 司会者は、東京フィルメックス プログラム・ディレクター、市山尚三さん、通訳は高杉美和さんです。 高杉さんは、映画の字幕もされています。 市山「 … 詳細はこちら

2013.12.07
ヒストリカ・トーク「ケイコママの武侠映画虎の巻」@京都文化博物館

12月7日『フライング・ギロチン』上映前に、ヒストリカ・ナビゲーターの飯星景子さんと関西ウォーカー編集長・玉置泰紀さんによるヒストリカ・トーク「ケイコママの武侠映画虎の巻」が京都文化博物館で行われました。 飯星「『フライング・ギロチン』は監督がアンドリュー・ラウ、プロデューサー … 詳細はこちら