『三匹が斬る!』
第1話 十萬両!ここが名代の浮世風呂
SANBIKI GA KIRU!
― 個性豊かな3人の素浪人が正義の刃で悪を斬る!時代劇に新たな魅力を吹き込んだ痛快ドラマ ―

『三匹が斬る!』

監 督:吉川一義

脚 本:野上龍雄

出 演:高橋英樹、役所広司、春風亭小朝、杉田かおる

音 楽:小林亜星


制作国:日本

放送年:1987

時 間:45min

言 語:日本語

提 供:東映株式会社

あらすじ

甲州街道を江戸に向かう、“殿様”こと矢坂平四郎(高橋)と“千石”こと久慈慎之介(役所)と“たこ”こと燕陣内(小朝)はそれぞれいわくありげだった。江戸は深川八万坪通り。突如、大八車を曳いた馬が駆けてきて、「松乃湯」に突っ込んだ。どうやら「松乃湯」の主人・松兵衛は「聖天一家」から立ち退きを追われているらしい。だが、松兵衛がこれに頑なとして応じないため、「聖天一家」のやり口は日を追って派手になっていったのだった。いったいなぜ「聖天一家」は、ここまで執拗に「松乃湯」にこだわるのだろうか。実は、その秘密は「松乃湯」の“場所”にあった。

みどころ

『三匹が斬る!』を語るとき、何よりも欠かせないのが、豪放磊落な“殿様”、正義感あふれる“千石”、お調子者の“たこ”を演じる高橋英樹、役所広司、春風亭小朝というキャスティングのハマリ具合と、絶品のチームワークだ。3人の素浪人が時に助け合い、時にぶつかりあいながら、流浪の旅先に蔓延る悪を正義の刃でたたっ斬る痛快時代劇は、従来の時代劇ファンだけではなく、当時、新たな世代のファンを獲得するまでに至った。