『艶姿初春 照姫七変化』
華麗なる暴れん坊姫再び!!武田家の財宝をめざす旅の謎とは
TERUHIME SHICHIHENGE
― 沢口靖子演じる“照姫”のスペシャル版 姫君、若武者、町娘、芸者など七変化が見どころ ―

『艶姿初春 照姫七変化』

監 督:江崎実生

脚 本:志村正浩

出 演:沢口靖子、橋爪淳、堤大二郎

音 楽:横山菁児


制作国:日本

放送年:1991

時 間:94min

言 語:日本語

提 供:東映株式会社

あらすじ

江戸の初春。元旦早々「獅子舞切り」が続発。ついに死者が出た。下手人は逃げたが、現場に赤い守り袋が落ちていた。そこに、辻占売りの女がやってきて何か探している様子。女は青い守り袋を持っていた。赤と青2つそろえて役にたつという。その夜、大御所(丹波)に呼び戻された照姫(沢口)は赤い守り袋を見せる。袋に入っていたのは武田神社の御札と、あぶり出しの地図。それは武田信玄の隠し金のありかを記す地図だった。

みどころ

神田の孔雀茶屋の看板娘のお照は、実は大御所徳川家斉の隠し子の照姫である。照姫による、姫君、若武者、町娘、芸者など、文字通り七変化がこの作品の見どころ。武田一族の埋蔵金で幕府転覆を図る老中の陰謀をあばく様子を華やかに描いた、大人気の連続テレビ時代劇のスペシャル版。