オープニング上映
『タイガー・マウンテン~雪原の死闘~』
THE TAKING OF TIGER MOUNTAIN
― ツイ・ハーク流・中華英雄物語 CG魔術炸裂のアクションスペクタクル ―

『タイガー・マウンテン~雪原の死闘~』

監 督:ツイ・ハーク

出 演:チャン・ハンユー、レオン・カーフェイ、 ケニー・リン、ユー・ナン、トン・リーヤー、ハンギョン


制作国:中国・香港

制作年:2014

時 間:142min

配 給:ツイン

あらすじ

匪賊たちが中国東北地方を占領し、民衆を脅かしていた1946年の国共内戦時代が舞台。強力な大砲で武装された難攻不落の要塞・威虎山(タイガー・マウンテン)には、匪賊のなかで最も強大な力を持つ「ハゲワシ」という名で恐れられる男が占拠していた。共産党軍の203部隊は、北東部を横断している際に、「ハゲワシ」の手下たちが、ある村を襲撃しているところに遭遇する。203隊長は、そこに留まり、「ハゲワシ」一味と戦うことを決断する。共産党軍司令部は、優秀な偵察員である楊(ヤン)を派遣し、スパイとして「ハゲワシ」の一味に潜入させる。203隊長とヤンたちは、雪原の奥深くで冷血な「ハゲワシ」との知略をめぐらせた戦いに挑んでいく。

みどころ

実話に基づいた中国の有名小説「林海雪原」の映画化。共産党軍の英雄を描いた題材を、国境を越える大衆エンタテイメントとして爆発させることができるのは、世界から注目され続ける香港随一のヒットメーカー、ツイ・ハーク監督の凄みである。極寒の山岳地帯で、多勢に無勢ながら知略を駆使して戦っていく小部隊の隊員を演じるのは、ケニー・リンなど若手人気俳優陣。対する、匪賊たち男の世界も生き生きと描かれており、極彩色に彩られた威虎山のアジトに潜入した チャン・ハンユーが、ボスと対等にやりあう機転と弁舌は大いに沸かせる。ツイ・ハーク監督お得意のアクション+CGが炸裂した、必見のスペクタクルエンターテイメント!

tsui_hark
監督:ツイ・ハーク

1950年生まれ。アメリカで映画制作を学び、香港にて1979年『蝶変』で映画監督デビュー。ワイヤーアクションとCGを融合した『蜀山奇傳/天空の剣』(83)で世界に衝撃を与える。翌年には製作会社を設立し、『男たちの挽歌』『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』『スウォーズマン』などの人気シリーズを次々プロデュース。斬新なテーマと多くのスターを発掘して“香港のスピルバーク”と称された。その後、ハリウッド進出し、『ダブルチーム』(97)などを監督。『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』(10)で香港電影金像奨の最優秀監督賞を受賞。以来、『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』(11)、『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』(13)とメガヒットを連発する。

予告編