『劇場版 忍者部隊月光』
NINJA TROOP GEKKO THE MOONLIGHT
元祖パワーレンジャー!ニッポン忍法の奥義を 極めた“忍者部隊”が大暴れ!

『劇場版 忍者部隊月光』

監 督:土屋啓之助

出 演:水木襄、浅沼創一、石川竜二


制作国:日本

放送年:1964

時 間:78min

言 語:日本語

配給:東映

あらすじ

水爆の何千倍という威力を持つ「Zスター爆弾」が、北大西洋条約機構に秘密裏に運ばれる途中で、爆撃機もろともブラック国際軍事秘密結社に奪われてしまった。ブラックは世界連合のベルドリック事務総長に脅迫状を叩きつけた。一千億円相当のダイヤを出さねば某大都市をZ弾で破壊するというのだ。さらにブラックによってZ弾の発明者であるローゼンハイマー博士と藤波博士が誘拐されてしまう。月光を始めとする9人の忍者部隊がZ弾奪還と博士達の救出に乗り出した。

みどころ

現在、世界が受け容れたニンジャは、松之助以来のコアな魅力=子ども心をワクワクさせるヒーロー性と云える。チームワーク、ユニフォーム、アクション…。その本質は時代劇に限ったものでない。今から見ると他愛ない発想だが、忍者を現代に移したのはチャレンジだったに違いない。腰をかがめて背中の忍者刀を押えて小走りする月光ごっこは少年たちに大流行した。連続もののテレビドラマであり、仮面を被らない(吹き替え出来ない)アクションはたいへんな苦労だったろう。しかし、その挑戦が戦隊モノ=パワーレンジャーに繋がっていく。土屋啓之助監督は歌舞伎の家元の家柄で、新東宝で時代劇を撮ってきたキャリア。時代劇とヒーローものの近似性がここにもある。