『伊賀忍法帖』
NINJA WARS
忍者俳優の資質を変えた真田広之の出現! SFXを駆使したダイナミック時代劇

『伊賀忍法帖』

監 督:齋藤光正

出 演:真田広之、渡辺典子、千葉真一


制作国:日本

放送年:1982

時 間:100min

言 語:日本語

あらすじ

戦国の世、下剋上の機運に乗じようとする武将・松永弾正は主家の奥方を我がものにせんと、5人の妖術僧に命じ媚薬を作らせようとし、美女狩りを命じた。この陰謀を企んだのは、妖術僧の後ろ楯で正体不明の果心居士だ。妖術僧たちの美女狩りの標的は、伊賀の忍者、笛吹城太郎の恋人であり、奥方の双子の妹である篝火に向けられた。果心居士の率いる妖術僧と対決する城太郎。「オン・マリシエイ・ソワカ」愛の呪文は悪魔の妖術に勝てるのか?

みどころ

真田広之の出現は忍者俳優の資質を劇的に変えた。アクションが全然違うのだ。忍者キャラクターも変えた。長髪を束ねたヘアスタイルと短い野良着に短パン姿はモダンで健気なアイドルに見える。角川映画第三の女優として、この映画でデビューする渡辺典子との共演はアイドル映画を期待されてのものだろう。しかし原作は山田風太郎。女の愛液を煎じつめて作る惚れ薬の物語だから、ヌードもあれば中尾彬も成田三樹夫もいる。エログロな風太郎ワールドと恋愛禁止の忍びの掟にアイドルの純愛が抗う構図になる。見ものは往時の角川映画だからこそ出来た本物のスペクタクルと体を張ったアクションだ。燃え落ちる大仏殿と、躍動する福本清三には逃せない価値がある。