日本初上映
『わたしが棄てたナポレオン』
I KILLED NAPOLÉON
わずか1日で仕事も恋愛も失ったアニータ 復讐のため立ち上がる!痛快ブラックコメディ

『わたしが棄てたナポレオン』

監 督:ジョルジア・ファリーナ(京都フィルムメーカーズラボ2011年参加者)

出 演:ミカエラ・ラマゾッティ、リベロ・デ・リエンツォ、アドリアーノ・ジャンニーニ


制作国:イタリア

制作年:2015

時 間:90min

言 語:イタリア語

字 幕:日本語

海外セールス:BIBI FILM

あらすじ

独身で輝かしいキャリアを持つアニータ。しかしわずか24時間の出来事で、仕事、恋愛、未来、すべてがバラバラに砕け散った…。アニータは仕事を解雇され、おなかには隠れて愛を育んでいたボスの子ども。しかも彼は家庭を持っている身だった。それでもアニータは諦めない。どうにか気の効いた方法でこらしめてやろうと企む。しかし完璧と思えた作戦に、予期せぬ出来事が起こる。さらにビアッジョという内気でおかしな弁護士が登場しー。

みどころ

本作を手がけるジョルジア・ファリーナは、この作品でイタリア版アカデミー賞ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞にて最優秀新人賞にノミネートされた注目の若手監督である。本作で主演のアニータ役を大人のユーモアたっぷりにシニカルに演じたミカエル・ラマゾッティは、イタリアを代表する監督のひとり、パウロ・ヴィルツィの新作『LIKE CRAZY』(カンヌ国際映画祭2016監督週間出品)で、ナストロ・ダルジェント賞の主演女優賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けている実力派女優。

d9
監督:ジョルジア・ファリーナ(京都フィルムメーカーズラボ2011年参加者)

幼い頃から映画に魅了され、大学で社会学を学んだ後にコロンビア大学映画学科で修士を取得。その間制作した短編映画は、ヴェネチア国際映画祭短編映画部門で紹介されたほか、米国映画批評会議賞の学生部門で受賞。その後、脚本やドキュメンタリー監督として経験を積み、『Bello di Mamma』(12)は国営テレビで放映された。2013年、28歳で制作した初長編映画『Amiche da Morire』はシチリアの小さな村で暮らす3人の女性を主人公に、イタリアでの女性の役割について描いたブラックコメディで商業的な成功を収めた。本作『わたしが棄てたナポレオン』は国内外の配給が決まっている。本作で、イタリアのアカデミー賞といわれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞にて最優秀新人賞ノミネートするなど、さらなる飛躍が期待されている若手監督。

予告編