『人斬り』
Hitokiri
― 三大スター出演の極上エンタメ作品 ―

人斬り

監 督:五社英雄

出 演:勝新太郎、仲代達矢、三島由紀夫、石原裕次郎


制作国:日本

制作年:1969年

時 間:139min

言 語:日本語

あらすじ

身分制のために出世が見込めない世の中で、くすぶった生活を続けていた青年・岡田以蔵は、ある日、土佐勤王党首の武市半平太より吉田東洋暗殺視察の命を受ける。上洛後、武市の手足となり数々の破壊・殺戮の実行役となった以蔵は、一躍京洛の話題になり、薩摩の有名な人斬り・田中新兵衛と比較されるほどになった。しかし時の流れは、武市に政策の変革を余儀なくして行った。犬として指令に従う他のない以蔵は、自分のおかれた立場の惨めさを思い知らされ、悩み苦しんだ。そんな中、坂本龍馬と出会う。龍馬は以蔵に人斬りをやめるよう忠告するのだが…。

みどころ

全編にわたって緊張感あふれるエネルギッシュな殺陣が楽しめる。勝新太郎・仲代達矢・石原裕次郎の三大スターとともに、作家・三島由紀夫が時代劇初出演。劇中で切腹シーンを演じており、その翌年、自身も壮絶な死を遂げたことでも話題となった作品。