『伊藤大輔初期チャンバラ集』

伊藤大輔初期チャンバラ集

監 督:伊藤大輔

制作国:日本

あらすじ

日本映画の巨匠・伊藤大輔監督。歌舞伎や講談の引き写しの旧劇が幅をきかせていた黎明期日本映画界で、権力による抑圧と闘い、当たり前のように敗れて無残に散る主人公を立てる。人間性を直接描いたストーリーで新時代劇を標榜、時代劇映画の基礎を作った。また、緊張感溢れる静かな構図から一転して、走る、斬る、飛ぶ、また斬る。唐沢弘光カメラマンの縦横無尽のキャメラワークと共に剣戟アクションにも革新をもたらす。悲劇に向かって、死をまき散らしながら走る主人公、伊藤の好んだ感傷、絶望、虚無、反抗という主題は、スピーディかつリズミカルな剣戟アクションで表現され、大衆の心を掴んだ。今回は牧由尚氏のコレクションから貴重な映像を上映。

内容

『忠次旅日記 信州血笑篇』 1927|日活大将軍|断片・約56秒|出演:大河内傳次郎
『血煙高田馬場』 1928|日活太秦|短縮版・約6分51秒|出演:大河内傳次郎
『新版大岡政談 第三篇』 1928|日活太秦|玩具フィルム3本の編集版・約60秒|出演:大河内傳次郎
『一殺多生剱』 1929|市川右太衛門プロダクション|短縮版・約25分|出演:市川右太衛門
『素浪人忠彌』 1930|日活太秦|玩具フィルム・約44秒|出演:大河内傳次郎
『旅姿上州訛』 1930|日活太秦|玩具フィルム・約60秒|出演:大河内傳次郎
『續大岡政談 魔像解決篇』 1931|日活太秦|玩具フィルム・約120秒|出演:大河内傳次郎
『明治元年』 1933|日活太秦|玩具フィルム・約88秒|出演:大河内傳次郎
『月形半平太』 1933|日活太秦|玩具フィルム・約52秒|出演:大河内傳次郎
『丹下左膳 第二篇 剣戟篇』 1934|日活太秦|玩具フィルム4本の編集版・約3分|出演:大河内傳次郎
※デジタル版HD/16コマ相当